本文へスキップ

高級ブランド(ずいえいのいし)

お問い合わせはTEL.0296-55-0586

アクセスはこちらから

髄榮の石の採掘場mining place

真壁の原石について

茨城県西部に位置する常陸三山(筑波山・加波山・足尾)その懐に眠る硬質で堅牢な岩石。それが真壁石です。 石英・長石・黒雲母からなる花崗岩でおよそ六十万年も前にできたと云われ、「こみかげ石」「常陸こみかげ石」ともよばれています。ゲストルーム

真壁の石から世界の石へ

明治22年、火薬による採石事業が開始
明治32年、迎賓館(旧赤坂離宮)造営の際、真壁の花崗岩が使用され、 その良質さ(優美・堅牢)が認められたことにより、世に広くその名を知られるようになりました。
「常陸こみかげ石」の産地として本格的な開発、企業化が開発され、皇居の縁石、三越本店、多摩御陵(浅川の橋)、公共の建物等に真壁石が使われました。
又、墓石材も関東を始め、日本全国に出荷されています。ゲストルーム

真壁小目石-墓石

高級感のある真壁小目の墓石の取扱いを行っております。 後世に残していくお墓なので髄榮の石ならば百年先でも「いい仕事」と呼ばれるお墓を残していけます。 お客様にもご満足いただけるお墓を間違いなく作れます。ゲストルーム

真壁小目石-石塀

高級感のある真壁小目の石塀の取扱いを行っております。
お客様のお宅の「顔」だからこそ「髄榮の石」の石塀を使えばより一層格調高く仕上がり、お客様にもご満足いただけます。ゲストルーム



吉相墓石墓相に興味のある方は
こちらから
四季の写真

information髄榮の石情報

髄榮の石の紹介をYouTubeでご覧ください。

〒300-4404
茨城県桜川市真壁町白井948
TEL.0296−55−0586
FAX.0296−54−1617
→アクセス